PRODUCTS

取扱商品

下記に記載しております商品については一例となります。TOKYO COWBOYでは日々仕入・在庫状況が変動いたしますので、お肉のお求めについては店舗まで直接お問い合わせ頂けますと幸いです。お客様のご要望に沿ったお肉をご案内させて頂きます。

サーロイン

  • サーロイン
  • サーロイン

特徴

言わずと知れたサーロイン。脂のノリ、旨味、柔らかさは申し分なくまさに、「サー(sir)」(sirとはイギリスでの栄誉称号の一つ)でランプとリブロースの間の「ロイン(腰/roin)」の部位。単純に肉を、愉しむなら一番分かりやすい部位。焼き具合はレアがオススメです。

サシ

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

食感

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

味の濃淡

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

希少

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

おすすめの調理法:ステーキ/焼肉/ローストビーフ

ランプ

  • ランプ
  • ランプ

特徴

見た目は赤身ですが、意外とサーロインのつながりなんですよ。モモの中でも1、2位を争う柔らかさであっさりとして濃厚な味わい。霜降り肉とは一線を画す味わいで、食べてて飽きがこないのでどんどん箸が進むような美味しさです。

サシ

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

食感

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

味の濃淡

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

希少

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

おすすめの調理法:ステーキ/焼肉/すき焼/ローストビーフ

トモサンカク

  • トモサンカク
  • トモサンカク

特徴

モモのシンタマという部位の一部。関西では「ヒウチ」とも呼ばれている。モモの中では最もサシが入りながらもザブトンやサーロインとは違い、モモの心は忘れずにモモの味わいもしっかり伝えてきてくれます。一見こってりに見えますが、しつこくなくスマートな味わいです。

サシ

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

食感

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

味の濃淡

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

希少

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

おすすめの調理法:焼肉

ミスジ

  • ミスジ
  • ミスジ

特徴

ウデの一部でカタサンカクの隣に位置し希少部位として、ポピュラーなミスジ。見た目の割にはしつこくなく、独特な旨味と食感が魅力的。肉の間と両面に筋が付いているのが名前の由来。焼き方は、レアがオススメ。

サシ

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

食感

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

味の濃淡

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

希少

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

おすすめの調理法:ステーキ/焼肉

カタサンカク

  • カタサンカク
  • カタサンカク

特徴

肩系ならではの、濃厚な味わい。ウデの一部でミスジの隣に位置し、栗のような形から「クリ」「ウデサンカク」とも呼ばれる。大人っぽい上質な赤身で程よく柔らかで旨味が強く、肉の旨味の深さを愉しめます。

サシ

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

食感

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

味の濃淡

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

希少

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

おすすめの調理法:ステーキ/焼肉/すき焼/ローストビーフ

イチボ

  • イチボ
  • イチボ

特徴

イチボについている骨がH型になっていることから「エイチボーン」と呼び、そこから「イチボ」と呼ばれるようになったそうです。モモの丁度おしりあたりに位置し、味は濃厚で柔らかく優しさも感じられる部位。サーロインとヒレの子供のような味わいです。

サシ

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

食感

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

味の濃淡

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

希少

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

おすすめの調理法:ステーキ/焼肉/ローストビーフ

ヒレ

  • ヒレ
  • ヒレ

特徴

雑味のない、クリアでこの上ない美味しさのヒレ。才色兼備と言う言葉が、よく似合います。レアでもおいしく、良い意味で焼き過ぎてもおいしい失敗のない部位です。オススメはミディアムレアじゃないでしょうか。

サシ

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

食感

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

味の濃淡

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

希少

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

おすすめの調理法:ステーキ/焼肉

ザブトン

  • ザブトン
  • ザブトン

特徴

希少部位の代名詞として、希少部位を牽引してきた「ザブトン」。関西では、肩甲骨を羽にたとえ丁度羽根の下に位置することから「ハネシタ」とも呼ばれる。まんべんなく綺麗にサシがあり、嫌味のない後味。

サシ

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

食感

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

味の濃淡

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

希少

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

おすすめの調理法:ステーキ/焼肉/すき焼/ローストビーフ

リブマキ

  • リブマキ
  • リブマキ

特徴

リブロースの一部でリブシンの周りに巻き付いているように付いている。口のなかでとろけるような圧倒的な柔らかさ。口に入った瞬間、旨味と柔らかさが襲ってきます。一頭から僅かしか作れない希少部位。肉本来のポテンシャルが高いので、味付けはあっさりでもこってりでも良く合います。

サシ

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

食感

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

味の濃淡

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

希少

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

おすすめの調理法:焼肉

シンシン

  • シンシン
  • シンシン

特徴

モモとシンタマという部位の一部。モモの中のヒレとも言えるような、しっとりと柔らかく旨味溢れる部位です。主張してくるけど控えめな性格で、どんな料理にも良く合い上品な味わいが肉マニアの心をくすぶります。

サシ

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

食感

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

味の濃淡

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

希少

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

おすすめの調理法:ステーキ/焼肉/ローストビーフ

肩ロース

  • 肩ロース
  • 肩ロース

特徴

肩ロースの一部で名前の通り、肩ロースの芯に位置する。肩ロースならではの、深い味わい。煮ても良く、焼いても良く、平均的なオールラウンダーであり適度に脂がのって風味良く、バランスのとれた部位です。

サシ

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

食感

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

味の濃淡

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

希少

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

おすすめの調理法:すき焼/しゃぶしゃぶ/焼肉/煮込み

リブロース

  • リブロース
  • リブロース

特徴

サーロインより脂が少なく、肉感も味わえ旨味もありどこか奥深さも感じられます。焼肉にしろステーキにしろ薄くてもおいしいですが、普通より厚めで食べる方がオススメ。

サシ

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

食感

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

味の濃淡

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

希少

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

おすすめの調理法:ステーキ/焼肉/ローストビーフ

ウチモモ

  • ウチモモ
  • ウチモモ

特徴

ふとももの内側に位置するウチモモ。程よく柔らかく肉感もあり、素直に肉を愉しめます。赤身本来のからにじみでるおいしさの「The 赤身肉」です。赤身肉なので焼き過ぎたり、火力が強いと硬くなりますので焼肉ならさっと焼く感じ。ステーキならレアからゆっくり焼くイメージです。

サシ

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

食感

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

味の濃淡

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

希少

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

おすすめの調理法:すき焼/しゃぶしゃぶ/ローストビーフ

お問い合わせフォーム

top